野菜不足を補うのに最適な青汁

厚生労働省は、1日に350gの野菜を摂取することを推奨しています。しかし、外食が多かったり、好き嫌いが多いなど野菜を十分に摂取できていない人は日本人の半数を超えているとも言われています。そんな人に最適なのが青汁です。青汁は栄養価が高く、不足しているビタミンやミネラルといった不足しがちな栄養素を手軽に補うことができます。青汁の原料は商品によって異なりますが、大麦若葉やケール、明日葉などが原料になることが多いようです。大麦若葉にはビタミンEやカルシウム、食物繊維、カリウムなどが豊富に含まれています。ケールはアブラナ科の植物の一種で、野菜の王様と呼ばれるほど栄養価の高い野菜です。ケールにはビタミンCや葉酸、食物繊維が豊富に含まれています。明日葉はβカロテンや鉄分などが豊富です。それから青汁には、飲みやすいように果物の果汁をブレンドしているものもあります。青汁の独特の青臭さが苦手という人は、こちらの方がおすすめです。