手作りドレッシングでサラダが美味しい

たっぷりの野菜を食べることは、とても健康に良いと言われています。生活習慣病の予防としても、野菜を多く食べるように言われていますね。しかし、毎日そんなに多くの野菜を食べることができないと思うこともあります。そしてその理由の一つとして、同じような味とサラダになってしまうので嫌になることが多いのです。
その時、味を変えると食べることが出来るようになります。特にその味の変化として、自分で作ったドレッシングはどうでしょうか。市販のドレッシングよりも、はるかにアレンジを持って作ることができます。そしてそれを作る時に、お酢をたっぷりと使いましょう。
酢や合わせ酢は、毎日とることにより健康効果が期待できます。血圧が安定したり、疲れを取ることが出来るので毎日取りたいですね。
ここでは、お酢で作ったフレンチドレッシングを使って色々なサラダをご紹介します。ぜひ自分で作ったドレッシングで、味に変化をだしてサラダを楽しんでくださいね。

・フレンチドレッシング
フレンチドレッシングは、お酢と油と塩があれば作ることができます。シンプルな味になるので、どんなサラダにも合わせやすいです。そのシンプルなドレッシングは、作りたてが美味しいですが、自分で作って余った時には保存をすることもできます。使う前に、振ることにより美味しい味を引き出すことができます。

・トマトとレタスのサラダ
トマトとレタスは、定番となっていますね。どんなサラダにも、この野菜が含まれていることが多いです。トマトはリコピンが含まれているので、とても健康に良い野菜です。レタスは、カリウムが多くむくみを予防することができます。この二つの野菜を、フレンチドレッシングで和えましょう。

・フルーツサラダ
色々なフルーツを使ったサラダを作る時も、フレンチドレッシングを使うことができます。りんごやみかん、キュウイ、いちご等その季節にある果物を使うと季節感を出すことができるサラダになりますね。