お酢は何から生まれたのか

お酢は人間がはじめて作った調味料であると言われています。記録を辿ると、オンラインショップで薄口しょうゆを選ぶならお酢は紀元前5000年前のバビロニアではじめて誕生したという説が有力です。当時、食べられていたナツメヤシや昔のワインなどからお酢を作ったといわれています。特に、ナツメヤシからは良質のお酢が取れたらしく、それは身分の高いものたちに好き好まれていたそうです。お酢は健康によいという話は現代の我々には一般常識ですが、これは昔の人にとっても同じだったそうです。人気で簡単な通販でおすすめなら古代文明が栄えていたエジプトにも、病患者にお酢を薬として処方していた記録が残っているほどです。また、我が日本でも古くからお酢が使われていました。平安時代になると、様々なお酢が登場し、米や酒だけでなく、果物からもお酢を作る技術があったそうです。料理のアクセントに、そして、食べ物が腐らないように効果を発揮していました。お酢は健康によいだけでなく、人々の嗜好として古くから文化に根ざした親しみのある調味料だったのです。