お酢が持つ効果を高める方法

お酢の健康効果というと、まず思い付くのは殺菌効果だと思います。これからの季節。殺菌効果があるお酢を使った料理は必ず入れた方が良いと思います。特に、お弁当に入れる時には、お酢を使った料理を一つ入れておくだけでも良いと思います。そして、出来ればお酢による健康効果をもっと引き出しましょう。お酢の効果の一つとして、カルシウムの吸収を助けてくれるという働きもあります。特に骨粗しょう症を気にする年齢の方は積極的に摂るようにしましょう。そこでお勧めしたいのは、サーモンとクリームチーズのロール巻きです。
まず、市販の合わせ酢を用意します。お酢は温度が高いほど、その健康効果は高くなるので、ご飯がまだ暖かい内に手早く混ぜます。
この時、よく扇ぐ方がいますが、そうするとすぐに温度が下がってしまうので、出来れば扇がないでください。
そこに白ゴマを混ぜて、出来ればガリの薄切りを混ぜると更に美味しくなります。
それから、ラップを敷いて、スモークサーモンを並べてください。そして、薄く切ったクリームチーズを重ね、ご飯を乗せます。
後は、のり巻きを作る時のように、クルクルと巻いたら出来上がりです。
お好みで中に入れる具には、レタスや薄切りのアボカドを入れても美味しいです。
ラップに巻き終わったら、すぐに切るのではなく、しばらく置いてから切るのが良いです。その方が型崩れしないので、綺麗に切る事が出来ます。
合わせ酢でしっかりと味付けをしているので、正油やマヨネーズをつける事がないので、塩分の削減や、カロリーをおさえる事が出来ます。
可愛くラッピングしても良いですし、一口サイズに切ってからお弁当に入れるのも良いと思います。
お酢の健康効果は、毎日摂取する事に意味があります。
毎日、バリエーションを変えて、飽きないような献立を作る事が良いと思います。
一緒に食べる食材も、出来ればお酢の効果を高める食材を一緒に摂るようにすれば良いと思います。