お酢を使って貧血防止サラダを作ろう

疲れが取れない時、それは仕事が忙しいことと鉄分が不足しているために体がだるくなっているのかもしれません。鉄分が不足すると、倦怠感や顔色が悪い、冷え性等の様々な健康被害を感じるようになります。そのため、食事で鉄分を補うことが重要ですね。そんな時、てっとり早く鉄分を取ることが出来るのは肉類です。特にレバーなどは、貧血防止に欠かすことができない食材です。しかし肉類をとることにより、太る心配があります。またレバーなどは、食べにくいと思うこともありますね。
そんな時には、植物性の鉄分を多く含む食材で貧血防止を図りましょう。その時にお酢や合わせ酢を使うことにより、より疲労回復を図ることができます。ここではそんな鉄分を補給することができる貧血防止サラダをご紹介します。貧血を防止して、ツヤのある元気な顔で毎日過ごしましょう。

・ひじきのサラダ
ひじきは鉄分を多く含む食材として、とても人気があります。それはなんといっても、カロリーが少ないことです。カロリーが少ないのに、鉄分が豊富なのはひじきがダントツです。
そのひじきは、合わせ酢を使ってどんな食材とも合わせることができます。特に、大豆や豆腐等は、とても合わせやすい食材ですね。食感が違うものと組み合わせることにより、とても美味しく食べることができます。

・ほうれん草のサラダ
ほうれん草も、鉄分を多く含む食材として有名ですね。そのほうれん草は、いつものおひたしで食べることが多いのではないでしょうか。それは、とてももったいないことです。味に変化をつけて、毎日食べれるようにしましょう。
その一つに、ほうれん草とササミのサラダなどはとてもいいですね。タンパク質も取ることが出来るので、栄養面でもおすすめのサラダとなっています。その味付けは、合わせ酢とサラダ油を少し入れるととても風味よく食べることができます。
合わせ酢やお酢は、それに色々な調味料を足すことによりサラダにすることができます。